auひかりをオトクに契約する方法とは!?

auひかりを解約する方法と他の光回線へ乗り換える際の注意点!

auひかりを解約する理由は、「引っ越しするため解約したい」「他の光回線に乗り換えるために解約したい」などなど、状況に応じて多種多様です。

特に最近では光コラボの影響で選択肢が増えたこともあり、少しでも月額料金を安くしたり、サービス内容の不満から乗り換えたいというニーズも増加傾向にあります。

さらに2019年7月1日からは総務省の働きかけもあって、光コラボ間の変更が簡単にできる『事業者変更』も利用できるようになり、ますます乗り換える条件が整ってきました。

一方で転用や事業者変更、解約から新規契約すべきケースなど、状況に応じて最適な選択肢を選ばないと損することも…

そこで複数の選択肢の中から、auひかりを損せずに解約する方法についてメリットやデメリット、注意点を交えて詳しく解説していきます。

auひかりの解約で損しない方法と選び方

解約パターン解約のみ解約→新規契約事業者変更
条件(契約先)
主な長所特典(高額CB/違約金還元)
主な短所工事(費用/手間)
注意点撤去工事解約違約金還元の条件

光コラボ間の乗り換えが楽になる『事業者変更』ですが、残念なことに独自回線を利用しているauひかりでは、利用することができません。

よって2019年7月1日以降もauひかりの場合、解約するにしろ、他社回線へ乗り換えるにしろ、まずは一度auひかり回線を解約する必要があります。

解約するだけなら、基本的に必要となる手続きはauひかり回線の契約しているプロバイダに電話するだけです。

賃貸の場合は光回線の撤去工事が必要なケースがあります。契約書または管理会社に事前に確認しておきましょう。

一方で新しい光回線を契約する予定がある場合は、新規契約先の特典を活用することでオトクに乗り換えられる場合があるので、状況に応じて損しない方法を選択することが重要になります。

解約のみならauひかりに電話して機器を返却するだけ

auひかりの解約の流れは以下の通りです。

解約の準備・手続き
(撤去工事立会い)
レンタル機器の返却

単に解約するだけなら、それほど難しいことはありません。なお契約によってはプロバイダ(auひかり)とNTTと2社に対して機器の返却が必要となります。

auひかり解約の準備・手続き

通常、解約時は光回線サービスを提供している会社(ドコモ光やソフトバンク光など)で解約手続きを行いますが、auひかりでは契約しているプロバイダで解約手続きを行う必要があります。

auひかり提携プロバイダの問い合わせ先
提携プロバイダ電話番号受付時間
BIGLOBE固定/携帯/PHS:0120-86-0962

IP電話など:03-6385-0962

9時~18時(365日)
@niftyナビダイヤル:0570-03-2210

IP電話/海外など:03-6625-3232

10時~19時(365日)
So-net電話:0120-80-77619時~18時(1月1日、2日除く)

※料金関連は日曜も除く

DTI電話:0570-00-4740

※IP電話/国際電話不可

平日:10時~17時
ASAHIネット固定:0120-577-108

携帯/PHS/IP電話:03-6631-0856

平日:10時~17時
@TCOM電話:0120-805-633平日:10時~20時

土日祝:10時~18時

au one net一般電話:0077-777

その他:0120-22-0077

9時~20時
※2019年7月1日時点
auひかりは定期契約期間内(更新月以外)に解約する場合には、解約違約金として契約解除料金(9,500円~)や工事費残債に加えて設備撤去費用(28,800円)の支払いが必要になることもあるため、解約前に確認しておきましょう。

auひかりレンタル機器の返却

解約後は速やかにレンタル機器を返却しましょう。

契約しているプロバイダで退会手続きが完了すると、KDDI株式会社から返却用伝票が送付されてくるので、案内に従って返却します。※返送方法は各プロバイダによって異なる

返却する機器
ホームゲートウェイ機器
VDSLモデム内蔵ホームゲートウェイ機器(マンションV、都市機構(DX)タイプのみ)
回線終端装置(ONU機器)(ホーム、マンションミニギガ、マンションギガ、マンションF/F(S)タイプのみ)
G.fastモデム(マンションGタイプのみ)
セットトップボックス(テレビサービスのみ/セットトップボックス用リモコンを含みます)
無線LANレンタル機器(無線LAN機器をレンタルされた場合のみ)

出典:BIGLOBE(auひかりの提携代理店)

なお光回線では、特定商取引法のクーリング・オフ制度のような初期契約解除制度(契約書面の受領日から8日までは無条件の契約解除が可能)も利用することが可能です。

高額な解約費用は『違約金/設備撤去費用還元』特典を活用

auひかりの定期契約プランを途中解約した場合には解約違約金(契約解除料金)を請求されてしまいます。

定期契約プラン契約解除料金
マンション7,000円
戸建て9,500円
auひかりの開通工事費用(37,500円)の残金も一括で精算が必要になるため注意が必要です。※工事費用の分割払いは60回払いなので、auひかりの利用期間が5年以上でない場合は要注意

またその他サービスの解約が必要な場合には別途、解約違約金が必要となるため大きな出費となります。

さらに、auひかりホーム(戸建て向けプラン)の場合、解約時に撤去工事対象となっています。しかも2018年3月1日以降は28,800円という高額な設備撤去費用が発生してしまいます。

対象サービス

光ファイバー引き込み設備撤去費

現行

改定後

auひかり ホーム(注1)

10,000円

28,800円

お引っ越しによる解約で、お引っ越し先でも引き続き同一プロバイダにてauひかり(注2)をご利用いただける場合や、au Wi-Fi ルータ(注3)をご利用いただける場合は、本費用をお支払いいただく必要はございません。
出典:au

つまり、auひかりホーム3年定期契約を途中解約すると9,500円(解約違約金)+28,800円(設備撤去費用)が必要になるため、それだけで38,300円もの高額な解約費用となってしまうのです。

ところが一部の光回線(ソフトバンク光など)では、auひかりの契約解除料金だけでなく、設備撤去費用やソフトバンクスマホの解約違約金まで還元する特典があるため、有効活用しない手はありません。※ソフトバンク光の特典の場合は最大10万円まで還元

また、auひかり(プロバイダをBIGLOBE)を契約する際、事前にNNコミュニケーションズ経由で契約しておけば、ビッグローブ光へ乗り換え時に撤去工事費が代理店経由で補填される特典を使うことも可能です。

お引越し先がauひかりの提供エリア外で継続ご利用が不可能な場合は撤去費用が発生いたしますが、ビッグローブ光の新規申し込みをしていただくと撤去費用相当額を当社が補填いたします。
出典:NNコミュニケーションズ

他にも引っ越し先でauひかりを使ったり、au Wi-Fiルータを使ったりすれば、撤去工事費用を免除することも可能ですが、光回線を新規契約した際に得られるキャンペーン(キャッシュバック特典など)を適用した方が断然オトクといえるでしょう。

つまり、回線の開通工事の手間や費用は発生するものの、立ち合い工事が不要であれば工事費用は抑えられるため、他社回線の解約違約金や設備撤去費用を還元・補填する特典を活用することでオトクに乗り換えることが可能というわけです。

解約違約金還元の特典は適用条件(オプションの有無や重複期間、請求書の提出など)に注意が必要です。

auひかりを解約する際の注意点まとめ

特にauひかりの解約では解約違約金や工事費残金、設備撤去費用のトータルコストが高額になる場合があるので注意が必要です。

auひかりを解約する際、解約費用が多く発生してしまう場合には、解約してから新規契約する際の、乗り換え先の特典(解約違約金還元・設備撤去費用還元)を有効活用しましょう。

以上、auひかりの解約時の注意点を参考に、是非とも少しでもお得に解約(乗り換え)できる方法を選択してください。

auひかりのおすすめ代理店ランキング!
NNコミュニケーションズ

オプション加入一切不要
11期連続表彰の優良代理店!(KDDI)

CB金額  : 最大45,000円
CB適用条件: なし(オプション加入不要)
CB振込時期: 最短1ヵ月後
CB申請方法: 申し込み時の電話
プロバイダ : au提携7社

アシタクリエイト

オプション加入一切不要
プロバイダ特典&申請がセットで簡単♪

CB金額  : 最大45,000円
CB適用条件: なし(オプション加入不要)
CB振込時期: 最短1ヵ月後
CB申請方法: 申し込み時の電話
プロバイダ : BIGLOBE限定

グローバルキャスト

最大11万円CB(5.5万円分)※5.5万円分はKDDIの特典(他社も併用可)
高額CB受取条件に要注意

CB金額  : 最大55,000円
CB適用条件: ひかり電話+So-netオプション+即日申込
CB振込時期: 最短6ヵ月後
CB申請方法: 別途申請(詳細不明)
プロバイダ : So-net限定

乗り換え
最適なネット回線の選び方
タイトルとURLをコピーしました