他社からソフトバンク光へオトクに乗り換える方法とは!?

ソフトバンク光の工事費用は高い?条件で変わる開通工事の料金と注意点!

ソフトバンク光の工事費用は最大24,000円とHPに記載がありますが、実際のところは外部からは結構分かりにくくなっています。

実はたったの2,000円で済むケースもあるのです。

そこでソフトバンク光の開通工事の費用について詳しく解説していきます。

建物で異なるソフトバンク光工事費

ソフトバンク光の工事費用は、ソフトバンク光を開通させる建物の回線環境次第で大きく変動します。

戸建でのソフトバンク光開通工事費

戸建では、多くの場合は新築かと思いますが、中古物件の場合は少し事情が異なる事もありますので、併せて説明していきます。

新築の戸建

まず新築の場合は、当たり前ですが光回線の導入がない物件になりますので、1から光回線の配線が必要になります。

よって、よっぽど特殊な事が起きない限り、開通工事費用は24,000円となります。

一括で24,000円が請求されるわけではなく、分割での支払いとなります。

中古物件の戸建ての場合

続いて中古物件の戸建ての場合です。

この場合は、その物件にフレッツ光回線の配備がされているかどうかによって内容が異なります。
※ソフトバンク光はフレッツ光回線を利用します。

過去にフレッツ光の回線を利用したことがある物件で、宅内に配線が残っている場合は2,000円もしくは9,600円の開通工事費で可能となります。

もし、そういった設備がない場合は前述の新築戸建てと同じ24,000円の開通工事費となります。

マンションでのソフトバンク光開通工事費

続いては、マンションの場合について説明していきます。

比較的新しいマンションの場合は、結構な割合でネット回線の配線が標準装備されていたり、もしくは既にマンションの管理会社側でネット回線の契約を行なっているケースがあります。

よって、戸建てに比べてパターンが多様化しているため、それぞれのパターンについて解説していきましょう。

マンションにネット回線なし

まずは、そもそもマンションにネット回線の設備は配線するための配管がないと言うケースです。

この場合、開通工事自体は可能ですがマンションの改装など大規模な工事ができません。

よって、通常の戸建てタイプと同じ工事内容、すなわち電柱から住んでいる部屋に直接光回線を配線する工事となります。

となると、やはりその開通工事にかかる費用も戸建ての場合と全く同じで、24,000円となるのです。

マンションにネット回線の設備あり

続いて、マンションに既にネット回線の設備が備わっているケースです。

この場合、ソフトバンク光の回線工事自体は必要になりますが、配管などはすでに設置されている為、比較的簡単な工事で完了する事になります。

ゆえに、ソフトバンク光の開通工事費用は9,600円と少し安くなります。

マンションにフレッツ光の回線あり

あとはマンションで残されたケースとしては、既にフレッツ光の回線がマンション内の各部屋に設備として設定されているケースです。

前述の通り、ソフトバンク光はフレッツ光のネット回線を利用した光コラボレーションというインターネットサービスですので、フレッツ光回線がある場合はそのままソフトバンク光で使えるように遠隔で回線の切り替えを行うのみとなります。

この場合、ありがたい事に工事費用という名目ではありますが、2,000円というほぼ手数料のような金額で可能となるのです。

開通工事費用の判断基準

では、ソフトバンク光を設置しようとしている建物が、実際にどのパターンに該当するのか、事前に知りたいと思いますよね?

しかし、この工事費用の判断はソフトバンク側の判断ではなく、NTT(フレッツ光)側で管理されているデータによって判断されます。

私も実際に目にしたことはないのですが、NTTでそれぞれの建物がどういった回線を持っているかの情報を管理しているので、ソフトバンク光申し込み後にそのデータとの照会が行われ、その後に判定が出ます。

なので、残念ながら申し込み前に判断する事は難しいのが現状です。

ソフトバンク光に限らず、光コラボ回線のネット契約の場合は全部申し込み後の判断となります。[/speech_bubble]

ソフトバンク光に限らず、コラボ回線のネット契約の場合は全部申し込み後の判断となります。光コラボ回線はフレッツ回線を利用したネット回線の総称で、ソフトバンク光以外にもドコモ光やOCN光などが該当します。

とは言え、大まかな判断基準は知っておきたい所でしょう。そこで開通工事費用の大体の区分について解説していきます。

24,000円の工事費用のケース

まずは、最大24000円かかるケースですが、こちらは完全に最初から回線の工事を行う場合に必要になります。

つまり、電柱から光回線を自宅まで引っ張ってきて、そこから宅内へ配線を行います。

この際、基本的に宅内へ光回線を通すにはエアコンなどの配管を利用して線を引き込むのですが、まれにエアコンの室外機の場所が電柱と反対側に設置されている場合があります。

こういった場合は、壁に穴を開ける工事になってしまう可能性があります。

万が一工事日に穴あけ工事が必要とわかった場合は、例外的にその日にキャンセルしても事務手数料などを無料でキャンセルすることが可能です。

9,600円の工事費用のケース

続いて工事費用が9,600円の工事になる場合のケースです。

この開通工事日になるケースとしては、既にある宅内の光ケーブルを再利用、もしくはLAN方式(集合住宅)で見られることがあります。

この場合は、もちろん穴空け工事や配線の引き直しなど大掛かりなものはないので、光コンセントの設置や回線の切り替え作業など地味な作業のみで完了します。

2,000円の工事費用のケース

工事費用が2,000円で済むケースというのは、完全に何もせずに回線の設備が整っている状態です。

つまり、もともとフレッツ光を利用している状態の場合などが該当します。

ただし、フレッツ光であっても新しいネクスト回線ではなく、古いタイプの光プレミアムであったり、Bフレッツという更にもう一つ古いタイプの回線の場合は工事が必要になるため、24,000円もしくは9,600円の開通工事費用となります。

工事費用の突起事項

ちなみに、開通工事費用については、他にも注意事項があります。

人によっては関係ないという内容も含まれますが、該当する方には結構重要な内容も含まれておりますので、併せて確認しておきましょう。

開通工事費用のキャッシュバック

まずは各種キャッシュバックキャンペーンを利用している場合です。

この項目での注意点は2つあります。

  1. キャッシュバックはソフトバンク光が開通してから半年後に適用されるので、それまでは実費となる。
  2. キャッシュバックの金額は一律24,000円ではない。

開通工事費用が24,000円であればキャッシュバックの金額も24,000円ですが、工事費用が2,000円と9,600円の場合に関しては1,0000円のキャッシュバックとなるのです。※2,000円のケースが一番オトク

土日祝に工事を依頼する際の特別料金

ソフトバンク光の開通工事は、平日はもちろん、休日や祝日に行うことも可能です。

しかし、土日祝を希望日として申し込みを行うと、別途休日派遣手数料として3,240円の手数料が必要になります。

工事費用は分割での支払い

工事費用は、一括支払いではなく基本的に分割での支払いとなります。

24,000円の工事の場合は、毎月1,000円ずつの分割で24ヶ月支払いが継続します。

また、9,600円の場合は毎月400円ずつの分割で24ヶ月支払いが継続します。

工事費用が2,000円の場合のみ、分割ではなく一括での請求となります。

光テレビは別で工事費が掛かる

上記で解説してきた工事費用は、すべてソフトバンク光のネット契約をした場合の話となります。

よって、ここにテレビの契約も含めた場合は、更に以下の2点の料金が加算されます。

スカパーJSAT施設利用登録料2,800円
テレビ工事費12,000円(テレビ1台の場合)
24,000円(2~3台の場合)

テレビの工事費に関してはキャンペーンは対象外となりますので、完全に実費となります。また、この工事費用も24ヶ月の分割支払いとなりますので、初回請求時に負担が重くなることはありません。

ソフトバンク光おすすめ代理店
N’sカンパニー

オプション加入一切不要
CB還元率100%

CB金額  : 最大36,000円
CB適用条件: なし(オプション加入不要)
CB振込時期: 最短2ヵ月後
CB申請方法: 申し込み時の電話
CB受取方法: 現金振込

S&Nパートナー

IPv6ハイブリッド

CB金額  : 最大34,000円
CB適用条件: 光BBユニットレンタル
CB振込時期: 最短2ヵ月後
CB申請方法: 申し込み時の電話
CB受取方法: 現金振込

【公式】SoftBank光

SoftBank公式だから安心

CB金額  : なし※公式特典は適用可
CB適用条件:ー
CB振込時期:ー
CB申請方法:ー
CB受取方法:ー

よくある質問
最適なネット回線の選び方
タイトルとURLをコピーしました